多くの人を味方につけよう

どんな家を作ろうかとと考えることは楽しくて次々とアイディアが湧いてきますが、家を建てるための住宅ローンとなると、仕組みが複雑でいろいろと考えるのが面倒になってしまいます。でも家を建てるにあたっては多くの人が関わってくるので、その人達をうまく巻き込みながら進めていくのもひとつの方法だと思います。

私の場合は、「フラット35を使って長期間固定金利のローンを繰り上げ返済していく」という方針で始めは考えていて、工務店にも伝えていました。その工務店で契約しているFPの方に家計診断をしていただく機会がありましたが、「今ならろうきんがキャンペーン中で、ローンの諸経費が安い」と情報をいただきました。同じ金額を借りても、総額でろうきんが有利であることを知り、工務店の営業マンとも内容を確認しました。そこで初めてろうきんに行って相談をしてみると、固定金利と変動金利の2本立てにした方がいろいろと有利ではないか、という提案をいただきました。勧められるがままにという感じではありますが、自分でネットや本で調べるだけではたどり着けない情報だったので、いろんな人に少しずつ相談をしていくというのはいい方法だったと思います。